お手軽だからもっと読みたくなる電子書籍。 |  本と電子書籍の違いについて |  試し読みが便利 |  【Manga zeroの毎日8枚配布されるチケットが毎日の通勤時間を豊かにしています】(朝夜8時に4枚ずつチケット配布) | 
  1. >
  2. 本と電子書籍の違いについて

本と電子書籍の違いについて

実際の書籍は購入すれば購入するほど家に本が増えていき、かさばってくると捨てたり売りに出したりする手間がかかります。なおかつ、きちんと整理しておかないとどこになんの本があるのかわからなくなるというデメリットもあります。

逆に電子書籍は、何冊購入してもデータはパソコンやスマホなどの端末に蓄積されていくだけで、かさばることもないですし、要らなくなったら削除すれば良いだけなので楽です。その上、パソコンやスマホが電子書籍を整理してくれるので、読みたい作品を探すのも簡単です。

電子書籍に適切な読み物

雑誌・小説・漫画で利用したことがあり、それぞれについて電子書籍が適切な場合とそうでないものがあると感じました。

小説は基本的には1冊で完結し、繰り返し読む機会はありますが、文字の羅列のため集中して読むことが多いと思います。

ある小説を今すぐに読みたくなり、勢いでスマートフォンで小説を購入したのですが、画面が小さいことと、液晶画面を見つめているうちに疲れてしまいました。

結局その本は途中のまま。

以前紙の本で呼んだときは一気に読み切るほどお気に入りだったのですが、もう一度開く気になれていないのが現状です。

漫画は1巻で完結することがほとんどないため、ある作品を読破しようとした際に、全てを現物購入するとかなりの場所を取ってしまうことになります。電子書籍として購入すればスマホひとつで作品が楽しめるため、場所も必要なく繰り返し楽しむことができます。

雑誌は1ページ1ページをじっくり読み込むというよりは、ペラペラと眺める読み方が多いと個人的に思います。

また繰り返し同じ雑誌を読むことはあまりなく、一度目を通すと次の号が発売されるまでに処分してしまうことがほとんどであり、場所もとりません。

よって電子書籍で楽しむというよりは現物を購入するほうが適していると思います。

しかし、ある美容院で雑誌ではなくipadを渡され、電子書籍上の雑誌であればどれでも自由にどうぞ、と言われた際、電子書籍としての雑誌の適切な使用方法であると感じました。

美容院であれば付録は不要であるし、何よりパーマ等で長時間居座る際に、渡された雑誌が好みに合わなかったり、全て読み終わった時、気まずい思いをしながら店員さんに声をかけなくて良いのです。

自分なりにそれぞれ経験し、使用状況と対象によっては電子書籍のあり方は様々なのだと感じています。今後も技術の進歩とともに広がっていくのを楽しみにしたいです。

いつでも好きな情報を手の中に

多様化する時代に電子書籍は手軽に、好きな時に読めるのが魅力だと思います。無料で立ち読みなど、ちょっと気になった作品があれば、チェックして購読したり、常に新着が出るのも楽しみです。漫画や雑誌等に限らず、小説や辞書も閲覧できて、とても便利です。手の中で操作できるので、かさばる事なくいつでも読める。そして電子書籍ならではの機能が充実している事も、情報量の多さも、これからますます需要が高まってゆくであろう要因だと思います。

Copyright (C) dマガジンを無料で読む!雑誌料金を節約する方法はこちら | 速報dマガジンニュースIJ67 All Rights Reserved.