お手軽だからもっと読みたくなる電子書籍。 |  本と電子書籍の違いについて |  試し読みが便利 |  【Manga zeroの毎日8枚配布されるチケットが毎日の通勤時間を豊かにしています】(朝夜8時に4枚ずつチケット配布) | 
  1. >
  2. 【Manga zeroの毎日8枚配布されるチケットが毎日の通勤時間を豊かにしています】(朝夜8時に4枚ずつチケット配布)

【Manga zeroの毎日8枚配布されるチケットが毎日の通勤時間を豊かにしています】(朝夜8時に4枚ずつチケット配布)

電子書籍のサイトを使って漫画を読んでいます。

無料お試し版を読んでからポイントを購入して本編の続きを読めるもの、チケット配布制で毎日決まった時間にチケットが配布され読み進められるもの、様々ありますが私は後者を利用することが多いです。

チケット制の場合、3話までは誰でもチケット消費なし、それ以降はチケットを消費して読み進めていく形になります。

上手いな…と思うのはある程度物語終盤、盛り上がってきたところでチケットを消費して読み進めることはできず、コインのみ消費することで読むことが出来るという点です。

ポイントは購入又は掲載されている動画広告を見ること、Twitterなどで自ら宣伝するによって貯めることができます。

そのため、読者に宣伝を促すことも出来るし、広告を視聴させることができます。

私は課金ことなく、Twitterなどで広めることによってポイントを得て漫画を読め進めることが出来ています。

とてもありがたい制度に感じています。

コミックシーモアのおすすめポイント

自宅のスペースを考えなくて済み、夜中でもベットの上から気軽に漫画や雑誌を購入できるのでとてと重宝しています。

また少し書店では買いにくい商品(例えばBLコミックなど)も、気兼ねなくボタン一つで購入できるのもありがたいです。

中にはポイント還元のものや、半額で購入できるものもあり、定価で買うよりもお得なのも利点です。

さくさく読みたい時にたまにダウンロードに時間がかかったり、エラーが出てしまうのが難点ですが、それを除けばとても便利なサービスだと思います。

電子書籍について思うこと

スマートフォンやタブレットで読めるので、とても気楽でいいと思います。また、実際に本を買うのとは違って、かさばることがないので、本棚がいっぱい、置場所に困る、ということもなくてとても便利だと思います。また、本屋へ足を運ばずとも、読みたいと思った時にすぐにその場で場所を選ばずに読めるのも、とてもいいと思いますし、魅力的です。

しかし、不満なのは、読みたいページを遡ってすぐに読めないことだと思います。紙媒体ならば、ぱらぱらとページをめくって、この辺、と感覚で探すこともできますが、電子書籍はそれができません。また、私個人としてはやっぱり紙の感触が好きなので、電子書籍とのつきあい方はケースバイケースになりそうです。

Copyright (C) dマガジンを無料で読む!雑誌料金を節約する方法はこちら | 速報dマガジンニュースIJ67 All Rights Reserved.